武庫川ダム計画について

どこに? いつからの計画? どんなダムが? 予定地はどんなところ?

建設が予定されているダムの構造は、重量式コンクリートダムで、平常時には水を貯めないことから、
全国的にも珍しい穴開きダムといわれています。

(公表されている資料が非常に少ない為、兵庫県発行の推進パンフレット「武庫川ダム」から引用しています)
兵庫県がダム推進の為に上げているホームぺージ http://web.pref.hyogo.jp/kasen-k/mukogawa/index.htm の内容も、このパンフレットの内容そのままです。

<ダムの諸元>

位置 左岸 兵庫県宝塚市川面地先 集水面積 422.6km2
右岸 兵庫県西宮市塩瀬町地先 湛水面積 0.54km 2 注2
型式 重力式コンクリートダム 総貯水容量 9,500,000m3 注2
堤高 73.Om 注1 有効貯水容量 9,500,000m3 注2
堤頂長 160.Om サーチャージ水位 EL.111.3m 注3
ダム天端標高 EL.120.Om 設計洪水位 EL.118.5m
ダム基礎標高 EL. 47.Om
(注1)ダム基礎標高からダム天端標高までの話さを示しており、地表に表れる部分の高さは約62mとなります。
(注2)洪水時の最高水位時における数値であり、平常時には水を貯めません。
(注3)洪水時の最高水位です。

これらのパンフレットには明確には記載されていませんが、ダムの上に「屋上展望台」を作ったり、ダム本体の中に「多目的ホール」を作る、という計画があります。 だから、多目的ダムであるということになっています。

----------------------------<*>----------------------------

正面図側面図
正面拡大図 側面拡大図

現地にダムができるとこうんなふうになると想像されます
少し大きいですが迫力の完成想像図(合成写真)をどうぞ!



武庫川ダム計画 ダムができると 反対する理由 会からのお知らせ 最近の動き
3つの行動 武庫川だより リンクサイト TOPページへ

© Copyright 1998-2001 MUKOGAWA WO AISURUKAI